交通事故相談 by弁護士法人 板根富規法律事務所

0120-65-2345(広島・島根のみ)お問合せはこちら""
HOME >  参考事例 >  示談交渉について悩んでます

参考事例

示談交渉について悩んでます

2016.08.01
1af7d519f24fb5bd3036a78bc1763086_s

※画像はイメージです

事 例

追突事故にあって今まで半年間通院してきました。その後,後遺症14級の認定を受け,保険会社から示談金の提案がありました。しかし,私には,この提案額が妥当かどうかも分からないため示談してよいのか迷っています。提案の理由に「当社基準により」という記載もあるため,妥当な金額なのかなとも思いながらも不安に感じています。

結果・詳細

交通事故の損害賠償額は,個別のケース毎に算定されますが,裁判例の集積などからある程度の賠償算定基準が確立しており,裁判実務上はこれを参考に賠償額が算定されます。
保険会社は,独自の算定基準を用いて損害賠償額を算定していますが,先ほどの裁判実務上参考にされる賠償算定基準での算定金額と比較すると保険会社の示談提案は低額な場合が多いです。
従って,保険会社から示談提案があった場合は,まず法律家に適切な賠償金額であるか否か相談してみることをお勧めします。また,法律家が交渉することによって,裁判などを起こさなくても先ほどの賠償算定基準を前提にた示談交渉を行うことができるケースも多いです。

ページの先頭へ

0120-65-2345(広島・島根のみ)

TEL:082-224-2345FAX:082-224-2255

受付時間月~金曜日/ 9:00~18:00

Copyright (C) Itane Tominori law office .All Rights Reserved.